工場の建設スケジュールを決めるときには5つのポイントが重要

建設工事業情報ラボ

新たに工場を建設するときには、数多くのプロセスを経由することになりますが、その1つがスケジュールを決めることです。

スケジュールを適切に決めることができなければ、生産を停止しなければならない場面に遭遇し、売上に影響を及ぼすこととなります。

依頼された製品を納期までに完成させることができず、取引先とトラブルが起きることもあるため、工場と建設会社がしっかりとスケジュールについて話し合いを行い、完成までの工程を見据えて内容を決めるようにしましょう。

スケジュールを決めるときに押さえておきたい5つのポイント

工場を建設するときのスケジュールを決めるときには、次の5つのポイントを押さえておきましょう。

現時点の依頼を確認してもらう

工場を建設するスケジュールを決めるときには、その時点で工場側が抱えている依頼やその納期などを調整してもらえるか確認しましょう。

質とバランスをしっかり検討しておく

工場を新設したり増設したりする目的は、作業効率を改善させたいからでしょう。

そのため、できる限り早く新しい工場を完成させたいと考える工場経営者もいるでしょうが、良い工場をつくるためにも細かい調整が必要です。

完成を急げば後で使いにくさを感じることや、改修しなければならなくなるなど、工場の質を低下させる可能性もあります。

そのため、質と工場完成までの期間のバランスをよく検討し、スケジュールを決めるようにしましょう。

生産が停止するタイミングを明確にしておく

新たに工場を建設するときには、通常よりも生産性が低下することになるため、どの程度生産性が下がるか確認しておきましょう。具体的にいつ機械を停止しなければならないか把握しておくことが必要です。

機械を移動させるタイミングはいつか明確にしておく

今の工場と違う場所に新しく工場を建設するときには、完成するまで生産性に影響はないでしょう。

しかし新しく建設した工場に機械を移動させることが必要となれば、移動が完了するまでの期間は生産を停止させることになります。

いつ機械を移動し、移動が完了するまでどのくらいの時間がかかるのか、新しい工場で生産をスタートさせることができるのはいつかを明確にしておいてください。

可能な限り出来る準備はしておく

新しい工場に何を求めるのか、設置する機械などを決めておけば、スケジュールも決めやすいでしょう。