経営において学習する組織が重要とされる理由とは?

企業経営情報ラボ

経営において「学習する組織」が重要という話を耳にしたことはないでしょうか。この学習する組織とは、適応能力や変化していく力を継続して開発することができる組織を指しています。

経営での学習とは何を示すのか

経営における環境はずっと同じではありません。様々な要因により常に変化しています。そのため、事業を継続していくためには、それまでの組織の文化や戦略の枠にとらわれることなく、常に変化に対応しながら改革できる機能を備えていることが重要です。 組織を構成する役員や従業員、すべての構成員が、協調性や自律性を持ち、環境に適応することができる強さと将来の変化に対応できる柔軟性を持ち、実践して行くことが求められます。 まずは組織全体が学習する能力を備えることを必要としますが、ここでの「学習」とは単に知識を習得することではなく、行動や思考を変えていくことです。

学習する組織をつくるにはどうすればよい?

では学習する組織をつくっていくにはどうすればよいのでしょうか。具体的には次の3つの力を、それぞれバランスよく成長させていくことが必要となるでしょう。

自らを動かす力

組織を構成する個人やチーム、そして組織全体が、本当に自分たちが何を望んでいるのか想い描き、希望することに向かって選択し、そこに進んでいける能力を示します。 目標を実現するために、自己の将来像と現状との落差を見据え、積極的に学ぼうとする気持ちを高めること、そして組織全体で共有するビジョンに紡いでいくことが必要です。

複雑性を理解する力

自分だけでなく他人の理解も重ね合わせながら、いろいろな繋がりでつくることができるシステム全体の像と、その作用を意識して理解できる能力が必要です。 利害関係者との絡みの中では、時間の経過と共に展開されるダイナミックな複雑性を理解できる思考が鍵を握るでしょう。

共創的に会話する能力

個人やチーム、組織には、無意識の前提が根付いていることがあります。そこを意識しながら話し合う能力が必要です。

学習する組織の重要性

学習する組織は外的な環境の変化を察知し、新しい環境に自らを適応させる適応性に優れていますし、さらに、もし衝撃を受けても回復できるしなやかな強さを持っています。 学習する組織は、そのような時代の流れにも対応しながら、社会のニーズにもこたえることができるでしょう。 経営において学習する組織が必要であることを再認識し、これからの市場環境の変化に対応できる組織を作っていくようにしましょう。