飲食業界でも飲食店は特に人間関係が重要!その理由とは

小売飲食業情報ラボ

どのような業界でも、そしてどのような職場でも円滑な人間関係を築くことは簡単なことではありません。

経歴や年齢など、様々な方が同じ職場で働くことになるため、人と接することが苦手だったり、業務の内容に向き不向きや得意・不得意といった違いも出てくるでしょう。

ただ、飲食業界では特に人間関係が重要であり、もしスタッフ同士で相性が悪かったり、何らかのトラブルなどがきっかけで良好な関係を築くことができなかったりといった問題が起きれば、たちまち職場の雰囲気が悪くなってしまいます。

飲食店で働くスタッフの立場は様々

飲食業界でも飲食店を経営する場合、店内で働くスタッフには、調理を担当する者もいればホールを担当する者もいます。さらに正社員として雇用されている者もいれば、パートやアルバイトとして働いている場合もあるでしょう。

飲食店によっては、店長やリーダー、サブリーダーなど役職を設けていることもあるので、色々な立場の方たちが良好な人間関係を築くためにはコミュニケーションがとても大切になります。

飲食店で働くスタッフの人間関係が悪化していると、その雰囲気がお店を訪れた顧客にも伝わることとなりますし、円滑にコミュニケーションが取れていないことが原因でミスやトラブルが増えるなどサービスの質を低下させます。

仕事をするスタッフも、職場の人間関係が悪いことで苦痛やストレスを感じ、せっかく採用してもすぐにやめてしまうかもしれません。

経営者自らが中間的な立場となって

飲食店を経営する上で、人間関係を良好な状態に保つためには、経営者自らがスタッフ同士でコミュニケーションを取りやすい環境を作ってあげることが大切です。

まず挨拶をしない、または話かけても無視をするといった対応をするスタッフなどがいた場合には、コミュニケーションに大切さを理解してもらうことが必要になります。

なぜなら職場の同僚や先輩・後輩に思いやりを持つ態度が取れない人が、お店を訪れた顧客に対し質の高いサービスを提供できるはずがないからです。

無理に合わないスタッフ同士を引き合わせようとしないこと

また、性格的に合わないスタッフ同士を無理に引き合わせようとせず、うまくコミュニケーションが取れないのなら比較的会話をせずに業務を行うことができる配置に変更するといった配慮も必要となるでしょう。

もし自分が雇用された立場だったらと相手の立場になって行動することで、自然とスタッフ同士の人間関係も良くなっていくはずです。