運送業界が入っておくべきリスク対応の損害保険とは

運送物流業情報ラボ

運送業特有のリスクはカバーできていますか?

 せっかく万が一のために保険に入っていたのに、いざという時に補償に穴があって使えなければ意味がありません。運送業界を取り巻くリスクは様々ですが、中でも代表的なリスク、そしてそのリスクをカバーできる保険をご紹介します。

 

 

荷物の損壊や盗難に対する損害賠償のための保険

 

荷主から荷物を預かるという立場にある運送業者にとって、まず外せない保険は荷物に対する賠償責任保険です。荷主から預かった荷物を損壊させてしまった場合、事故によって荷物が損害を受けた場合、配送中の荷物が盗まれた場合には損害賠償責任が発生します。

 

加入しておきたい保険は「運送業貨物賠償責任保険」です。運送業者が荷主から預かった荷物に損壊や損害を与えた場合に負担する必要のある損害賠償責任を補償してくれます。

 

運送を引き受けた貨物に起きた損壊や損害により、荷主や元請けの運送会社に対して発生した法律上や契約上の損害賠償を補償する保険です。ただし、荷物が届くことが遅れた場合による遅延賠償、不稼働損害、違約金など補償の対象にならないので注意しましょう。

 

 

配達中や荷卸し中の損害賠償のための保険

 

配達中に台車で通行人にぶつかりケガをさせたり、配達先のお宅の壁に傷をつけてしまったり、荷卸しの中に駐車中の車に損害を与えると損害賠償責任が発生します。

 

加入しておきたい保険は「運送事業者賠償責任保険」です。配達中や荷卸し中の対人・対物事故によって負担しなければならない損害賠償責任を補償してくれます。

 

 

自動車の運行に関わる保険

 

運送事業者は自動車(貨物車)を使って荷物を運びます。そこには、事故や故障というリスクが存在します。自動車保険(任意保険)も必要な保険です。

 

自動車事故を起こしてしまった場合、多くの人的・物的損害が発生し高額な賠償責任が発生するリスクもあります。十分な補償を受けられる内容での加入が必要です。

 

事故の際には運転者(従業員)が死傷してしまうリスクもあります。治療費や万一の場合の補償(死亡・高度障害補償)も十分な額が必要です。

 

事故ではなく、走行中に自動車が故障してしまうリスクもあります。無料のロードサービスがあれば安心ですね。

 

 

お仕事中のおケガに備えるための保険

 

荷物の積み降ろし中や配達中、思わぬケガをしてしまうことや、事故に巻き込まれるリスクがあります。お仕事中なので労災保険の補償を受けられますが、十分でない場合があります。

 

「労災上乗せ保険」に加入していれば、労災保険の補償に加えて保険金を受け取れますので安心です。

 

 

運送業者のリスクに対応できる専用保険を

 

業種によってそれぞれリスクの内容は違いがあります。運送業の場合は預かった荷物に対する損害賠償、配達中の損害賠償、自動車事故、労災事故などの万一への備えが重要です。今契約している保険がある場合は、補償内容を確認して備えが万全にできているかを見直してみましょう。