運送会社のドライバーのユニフォーム選びはとても重要?その理由は?

運送物流業情報ラボ

運送会社のドライバーは、自社のユニフォームや作業着を着用していることが多いですが、このユニフォームなどに求められる機能とは何なのか、確認しておきましょう。

運送会社で働くドライバーのユニフォームに必要な機能

運送会社のドライバーは運転時間が長時間に渡るため、体を締め付けずゆったりと着ることができるユニフォームでなければなりません。特に長距離のトラックドライバーの場合、エコノミー症候群などにならないためにも重要です。

配送ドライバーなどは車との乗降が多くなりますし、荷物を運ぶ頻度も高いので、動きやすさが求められると言えるでしょう。

□選ぶと良いユニフォームの素材

荷積みや荷下ろしなどを行う上で、ストレッチ素材のユニフォームだと動きやすくなります。生地が伸びずにストレッチが利かない素材の場合、荷積み荷下ろし時に着崩れしたり、破れなどが生じる可能性があります。

作業効率を低下させることにもなり兼ねませんので、肩回りに柔軟性があるユニフォームを選ぶようにしましょう。

通気性や吸汗性にも注目!

また、トラックを運転している時間もあれば、炎天下にさらされる時間もあり、時には冷凍倉庫での荷積みや荷下ろしを行うこともあるでしょう。

そうなると温度変化が著しいため体調を崩しやすくなります。しっかり体温調節ができるように、通気性や吸汗性の高いユニフォームであることが必要でしょう。

□選ぶと良いユニフォームの素材

吸汗性、通気性、洗濯に強いことが必要と考えた場合、ポリエステルとコットンの混合生地を用いたユニフォームを選ぶことが望ましいと言えます。

また、配送ドライバーなどは直接顧客と接する機会が多いので、汗の臭いなどを感じさせない消臭抗菌機能の備わったユニフォームであるとなお安心です。

ユニフォームは運送会社の「顔」

運送会社のドライバーが着用するユニフォームはその会社の「顔」といっても過言ではありません。多くの人に自社のユニフォームを知ってもらえれば、一目でどの運送会社なのか認識してもらうことができるようになります。

既製品に刺繍を施したり、ワッペンを貼ったりなどでユニフォームを作ることもできますが、従業員のモチベーションを向上させる意味でもオリジナルのユニフォームがあったほうがよいと考えられます。

コストは掛かるかもしれませんが、同業他社から見た時に羨ましがられるようなユニフォームを選んでみてはいかがでしょう。