運送業で活躍するトレーラーのドライバーに必要な資格と免許

運送物流業情報ラボ

鋼材やコンテナなど、大きな貨物を主に運ぶことが多い運送業のトレーラー運転手。

その颯爽と走る姿や特殊なイメージから、ごく限られた方しかなることができない職業と考える方もいるようですが、資格を取得すればトレーラーのドライバーとして活躍できます。

そこで、運送業で活躍するトレーラーのドライバーとして働くにはどのような資格を取得しなければならないのかご説明します。

トレーラーのドライバーの魅力

トレーラーとは、運転席後部にある貨物を載せる荷台部分を指しており、車両と荷台は切り離しが可能です。

海上コンテナ・建設機械・重機・鋼材など、トレーラーによる輸送の対象となるものはいろいろあります。

大きな貨物を運ぶことが多く、ガソリンや液体窒素など危険物もその対象です。

一般的なトラックと異なり、運転席部分と荷台部分を切り離すことができる特殊な車両を運転することになるため、運転技術も通常のトラックより高い能力が必要とされます。

トレーラーのドライバーに限らず、現在運送業界は慢性的な人手不足で悩まされているため、トレーラーを運転できるドライバーに需要も非常に高い状態です。

トレーラーのドライバーとして活躍するために必要な資格・免許

トレーラーのドライバーとして活躍するためには、次のような資格・免許が必要となります。

大型1種免許

トレーラーのドライバーとして働くには、大型一種免許とけん引免許のどちらも必要です。

トラック・ダンプカー・タンクローリーなど、運転するときに必要になるのが大型一種免許であり、貨物トレーラーを運転するときにも必要になります。

なお、タンクローリー車のタンクの積載物によっては、危険物取扱者の資格も必要になることがあるため注意しましょう。

けん引免許とは、重量750キロを超える車両を運転するときに必要となる免許で、貨物トレーラーやタンクローリーなどを運転するときには必ず必要となります。

けん引免許

けん引免許は、

けん引免許
けん引二種免許
けん引小型トレーラー限定免許

の3種類に分かれています。

この中で貨物用のトレーラーで車体を連結させ移動する車両を使うときに必要となるのはけん引免許です。

けん引二種免許とは、旅客運送として使うけん引車両を運転するとき必要になります。

けん引小型トレーラー限定免許は、750~2,000キロ未満限定でけん引を可能とする免許です。

海上コンテナを運ぶのなら大型1種とけん引の2つだけで運転できますが、扱う貨物によっては危険物取扱者の資格も必要になることがあります。