運送会社と物流会社の違いはどこにあるのか

運送物流業情報ラボ

運送会社と物流会社、どちらもモノの流通に関係する企業であるといえますが、この2つには具体的にどのような違いがあるのでしょう。

そこで、運送会社と物流会社は何が違うのかについてご説明します。

運送会社と物流会社が関係するモノの流通とは?

運送会社と物流会社はどちらもモノの流通に関連した企業ですが、そもそも流通とはモノが生産者から消費者まで届くまでの流れを指しています。

生産されたモノは生産者から販売店へ、そして販売店から消費者へと届けられることになりますが、この過程においてトラックで運ばれたり倉庫で保管されたりします。

モノの運送・保管・梱包といった一連の流れこそが流通であるといえるでしょう。

物流と運送のそれぞれの意味

物流とは、商品を必要な場所に運ぶときの流れを指しています。

モノが生産者から倉庫や小売店に輸送されることや、倉庫で保管されたり必要な梱包が施されたりといったことも物流に含まれます。

それに対し運送とは貨物を運ぶことで、主にトラックなど車を使って行う輸送を指しています。

物流会社と運送会社の違い

物流はモノが運ばれていく流れのことで、運送は車を使ってモノを運ぶことです。

そのため、物流会社と運送会社にはそれぞれ次のような違いがあるといえます。

物流会社の行う業務

物流会社は商品の保管・梱包・運送など幅広く対応する企業であり、次のような業務を担当します。

・保管 商品や原料など物流倉庫に保管する
・加工 ラベル貼りや箱詰めなどを施す
・荷役 出荷の指示に応じて商品を選ぶ
・梱包 選んだ商品を段ボールなどに入れて包装する
・運送 梱包した商品をトラックなどで運ぶ
・情報処理 在庫や配送の状況を情報として管理・提供する

商品を移動させるために必要となる色々な工程を業務とするのが物流会社です。

運送会社の行う業務

運送会社の仕事は、上記の物流会社が行う業務の中で、運送という部分のみを対応します。

モノの流通で必要となるのは運ぶことだけでなく、保管・梱包といった工程も求められます。

しかし運送会社ではモノを倉庫に保管したり梱包したりといった業務は行わず、主にトラックで目的地まで運ぶことを業務とするため物流会社より対応範囲が狭いことが特徴です。

物流会社は運送会社でもあるといえますが、運送会社は物流会社ではないともいえます。

仮に運送会社が保管や梱包などの業務も行うのなら、物流会社として事業を営んでいるといえるでしょう。