運送業界の長距離トラックドライバーの仕事内容とその魅力とは

運送物流業情報ラボ

運送業界の花形といわれるのが「長距離トラックドライバー」ですが、トラック運転手として働いたことがない方でも、せっかくドライバーとして働くのなら長距離を目指したいという場合もあるでしょう。

しかし「長距離トラックドライバー」とはどのような仕事なのか、その内容がよくわからないという方もいます。

そこで、長距離を走るトラックのドライバーの仕事について説明していきます。

「長距離トラックドライバー」の走る距離

長距離トラックドライバーがトラックを走らせる距離は、おおよそ片道300km以上です。

距離に関係なく、指定された場所に荷物を運ぶことが基本となりますが、短距離や中距離のドライバーは片道50~200km以内であり、複数の指定先を巡回することが多いといえます。

しかし長距離トラックのドライバーは、指定先までの距離は片道300kmを超えることが多く、長時間に渡り運転し続けることができなければなりません。

長距離を走るトラックの配送ルート

長距離トラックドライバーの配送ルートは、たとえば毎回同じ指定先に荷物を届ける「定期便」のとき、そして契約の都度トラックを走らせる「チャーター便」に分かれます。

短距離や中距離では、荷物の積み降ろし・確認・顧客とのコミュニケーションなどの機会も多いですが、長距離の場合は労働時間の多くが運転時間であるといえるでしょう。

夜通し運転しなければならないことも多い肉体労働ですが、マイペースに労働もできることがメリットです。

長距離トラックドライバーとして働くための条件

長距離トラックドライバーになるためには、次の条件を満たすことが必要です。

大型免許・中型免許を所持している

大型免許に加え、フォークリフトの免許など保有しているとよいでしょう。

短距離・中距離トラックドライバーの経験

運送ドライバーとしての経験がない状態から、ある日突然、長距離で大型トラックを運転させることは、運送業者にとってもリスクが高いといえます。

そのため長距離は未経験でも、短距離や中距離でバスやトラックドライバーとして経験がある方であれば、長距離トラックドライバーとして活躍できるでしょう。

長距離トラックドライバーの魅力

長距離トラックドライバーが運送業界の花形といわれるのは、従来までであればトラックドライバーは仕事をすればするほど稼ぐことができるといわれていたからです。

現在ではトラックドライバーが稼げる仕事だと認識されることは少なくなりませんが、時間内に貨物を届けることができれば運転中に一人の時間を過ごすことができ、早めに荷物を届けることができれば後の時間は休むこともできるでしょう。

長距離運転手の給料平均は、月収にすると30~60万円といわれており、年収換算すれば400~750万円です。

短距離や中距離ドライバーの給料平均は月収25~40万円で年収300~500万円のため、長距離トラックドライバーのほうが稼げる仕事ともいえます。