企業が一体となるために行う経営管理で必要なこととは

企業経営情報ラボ

企業や組織が目標を効率的に達成するために活動を行いながら、意図的に調整や総括していく経営手法を経営管理といいます。

ビジネス活動に関係する事業や会社単位で行うことが多いですが、対象となるのは生産、販売、人事・労務、財務などです。

どのような方法かは業界や展開する事業、グローバル展開していくかによって異なりますが、そもそも経営管理を行う目的は、企業が目指すビジョンに向かい、グループや部門、従業員など会社が一体となってモチベーションを向上させていくことです。

経営管理の方法とは

たとえば事業を拡大しようとすると、管理しなければならないデータの量も増えて行きますので適切な管理が必要です。経営管理の対象となる生産、販売、人事・労務、財務などは、具体的に次のことを行います。

・生産や販売の管理
生産や在庫の計画に、予算と連動した製造工程など、総合的に全体を管理することが必要です。

・人事・労務部分の管理
人事・評価制度の策定や、生産性を向上させるための労働環境改善などを行い、従業員のモチベーションを高める施策や制度の導入なども検討します。

・財務管理
予算編成や会計などの管理を行います。

実施する管理の内容

経営管理を改善させることは業績の向上に直結しますので、効率的に進めていくために情報システムの導入は欠かせない投資ともいえます。

さらに経営者を含める従業員の経営やマネジメント、現場でのレベルによって課題を設定し、管理指標に落とし込んでいくようにします。

それぞれで実施する管理は次のとおりです。

・経営
経営戦略を整理し社内で共有しながら、戦略施策レベルを具体化していきます。

・マネジメント
適切なPDCAサイクルを実施し、業務改革や適切な指示を行うマネジメント人材を育成していきます。

・現場
自発的に行動しモチベーションを向上させていける人材の育成や、若い人材が離職しないような対策を行います。モチベーションを高めるためには共通の評価制度を設けることも大切です。生産性を向上させるためにITツールを整備したり、モニタリング機能を強化して課題をみえる化し、具体的な管理指標を設定していきましょう。

経営管理で会社の業績を向上させるために

それぞれの部門などで抱える課題はそれぞれ異なりますが、国内外の地域情勢を踏まえながら会社が一体となって経営を安定化させていける経営管理を心がけることが重要であると認識しておきましょう。