経営管理を適切に行うために必要なことと重要なポイントとは?

企業経営情報ラボ

情報システムはITによる管理などが進む中で、より適切で迅速な経営管理を行うために、何が必要なのか確認しておく必要があります。

そもそも経営管理とは、企業や組織が経済活動を効率的に行い、目標を達成するまで促進させることを目的として総括や調整を行う経営の手法です。

組織がビジネス活動に関係する事業部、または会社単位で実践されることが多いといえます。

経営管理として具体的に何を行えばよい?

経営管理の対象となるのは、生産管理、販売管理、人事・労務管理、財務管理などです。企業が掲げる目標に沿い、それぞれ管理を行う単位ごとに方向性を統一させ、モチベーションを向上させていけるようにすることが目的といえます。

経営管理の目的や方法は、対象となる業界や展開する事業、グローバル展開の有無などで違ってくるでしょう。

近年では、価値観や文化などが異なる現地法人の管理、人種や性別、年齢などにこだわらずに従業員の個性を活用するダイバーシティ・マネジメントの需要も高まりつつあります。

その上で、最適な経営管理を目指していくために、それぞれの管理方法を確認しておきましょう。

□生産管理、販売管理

生産や在庫計画、予算と連動した製造工程について、総合的に管理を行います。業務基幹システムを導入することによる業務コントロールなどが経営管理の方法として挙げられるでしょう。

□人事・労務管理

グローバルを含んだ共通の人事・評価制度を策定し、生産性を向上させることを目的に労働環境を改善させることを目指します。経営管理の方法としては、ダイバーシティ・マネジメントの導入、従業員がモチベーションを高めることができる制度や施策を導入することが挙げられます。

□財務管理

連結経営管理を前提とした予算編成や会計などの管理を行います。経営管理方法として、現在話題となっているRPA(AIシステムなどロボット)を活用した業務負担の削減、さらに統一された会計方針や勘定科目での管理を行います。

経営戦略は社内で共有することが重要

経営管理を最適な状況で行うために、従業員レベルで課題を設定した上で管理指標に落とし込むことが求められます。

経営戦略を整理して社内で共有し、その戦略施策レベルを具体化させることも必要です。さらに、適切なPDCAサイクルの実施、適切な指示を行うマネジメント人材を育成することも求められるでしょう。

経営管理に最も必要なこととは?

具体的な管理指標を設定して、何が課題として挙げられるのか洗い出して見える化することも必要となります。見える化された課題に対する戦略と施策を検討した上で、実践・管理することが求められるでしょう。

経営管理のあり方やインフラなどは、企業が考える戦略やビジネスモデルだけでなく、規模や業種などでも異なります。

経営者の考え方や社風なども影響することになりますが、経営管理のそもそもの目的に立ち返ってみれば、従業員に気持ちよく仕事をしてもらうために人をどのように動機づけるかがポイントになるともいえるでしょう。