経営者に必要なスキルとは?企業経営を成功させるために重要なこと

企業経営情報ラボ

事業を営む上で、経営者としてどのような知識やスキルが必要なのだろうと考えたことはないでしょうか。現在、会社経営を行っている方だけでなく、これから起業しようと考えている方も、会社経営を成功させるために必要なスキルは何か、把握しておくことは大切です。

経営者として必要なスキルは大きく3つ

時代の流れや社会・経済などの環境の変化に加え、新たな技術が開発されるなど、様々な分野において市場は発展しています。その中で会社を設立し、事業を継続するとなれば、今はある程度の地位を確立できていたとしても、いつ競合があらわれその地位を脅かされるか分からないと考えておくべきです。

会社を存続させていく上で、これまでと同じやり方ではだめだと考えておく必要がありますが、経営者として必要な知識やスキルは大きく3つの領域に分けることができます。

■まずは経営者として企業運営に関わる知識を理解しているか

会社を経営する上で必要なのは、経理や財務、採用や人事、契約や法務、マーケティング、情報リテラシなど様々な知識やスキルです。これらのうち、いずれかの分野だけは詳しいけれど、あとは全く理解できていないという状態は好ましくありません。それぞれをバランスよく理解できていることが必要です。

■意思決定に関わる社内外の状況を理解しているか

自社の経営資源や、目標を達成する上での手順など、意思決定に関係する状況は社内だけでなく社外のことまで把握できているかが重要です。

■遂行すべき業務を理解できているか

経営戦略や事業計画、把握しておくべきリスク、人間関係の構築や維持など、経営者として必要な資質や何を行うべきか理解できているかが重要です。

経営者に求められる資質とは?

柔軟性や適応力、好奇心なども経営者に求められる資質であるといえるでしょう。成功する経営者の性格は、新しいスキルをスポンジのように吸収できる人物や、周囲から積極的に学ぼうとする用意がある人物です。

学習意欲が高く、変化する環境に適応できる能力があれば、時代の流れや市場の変化にも対応できると考えられるからです。

多文化の環境で活動できる能力や、積極的に学ぼうとする姿勢が必要といえますし、業種や職種によって異なる部分はありますが、最新の金融や専門のスキル、マネジメント能力、リーダーシップなどももちろん重要です。

資質だけでなく、業界で何が起きているか情報を収集し、常に把握しておくことはどのような場合でも重要といえるでしょう。