企業経営にとっての経営ビジョンとは?何のために必要か

企業経営情報ラボ

経営ビジョンとは、企業が目指す将来の像を視覚化させたイメージですが、その前提には経営戦略があり、経営スタンスを明確にすることで企業が成長する過程において組織の求心力を保つことに役立たせることができます。

自分たちがどの分野でどのような景色を見るために、どの山に登るか決めておかずに山登りは始めることができません。

目指す山頂の景色こそが「経営ビジョン」であり、その景色を眺めるために頑張ろうと意識を高め、1つにして登ることが必要です。

社員が一丸となって目指す方向を決めるために

経営ビジョンがある企業なら、そこで働く社員も自分たちの未来に対するイメージを持っていることでしょう。目標に向かい、1つの方向に進んでいくために必要な経営ビジョンの設計と提示により、成長していくことができるはずです。

内外へ発信するべき情報として

企業の存在意義、価値観、経営姿勢、社会的責任など、経営者などの強い思いを内外に示すことができるものが経営理念であり、経営理念をみれば企業がどのような形で社会的役割を果たしたいのか、社会に存在しようとしているのか知ることができます。

経営ビジョンは、その経営理念を実現するために描く将来像です。経営理念に沿い、将来の企業が目指す姿を定め、株主、社員、顧客などに示すものであるといえるでしょう。

経営ビジョンも経営理念と同じく、企業の内外の利害関係者に経営者が発信する情報の1つです。

経営ビジョンを一言で例えるなら?

経営ビジョンは経営者の夢とも言いかえることができます。

そのビジョンを共有する社員にとって、仕事の励みになることやワクワクする気持ちになれることが望ましいでしょう。山登りに例えるのなら、できるだけ魅力的な景色を目指したほうが意識は高揚しやすくなるはずです。

事業構造や企業の風土を抜本的に革新したいなら

長期的に企業が目的や使命、企業価値など、将来あるべき姿を明確にしたものが経営ビジョンです。

このビジョンという目標に至るため、企業は独自で中核能力や経営資源の展開方向、社内で共有するべき思考や行動の規範を集大成したものといえます。まさに、革新活動の基本設計図であるといえるでしょう。

トップをはじめとする全ての社員の想像力と創造力の喚起を通じたエネルギーの結集ですので、革新に必要なこととして、まずは機能する経営ビジョンを確立することを検討してみてはいかがでしょう。