企業経営においてデータ分析は欠かせない!何から始めるべきか

企業経営情報ラボ

分析技術やAIが進化するなど、企業経営においてデータ分析の重要性がさらに高まりつつある状況です。経営戦略を立案する場面でも、収集したデータを分析して活用することは欠かせません。
そこで、実際にデータを分析する上で何に注意し、活用していけばよいのか把握しておきましょう。

企業経営におけるデータ分析の重要性

企業を経営する上で、経営者のそれまでの経験や勘、度胸などは重要とされていますが、それだけに頼り過ぎた経営は失敗を招きやすくなります。

現在、どのような状況や立場に自社があるのか、掲げた目標に一歩でも早く近づくためにはどのような姿勢と行動が必要なのか知る上で、データ分析を活用することが必要です。

目的によって扱うデータは異なる

分析対象となるデータには色々ありますが、例えばアンケートやSNSなどから収集した顧客からの情報なども重要です。

どのような層の顧客が多いのか、満足度などを知ることで、改善策を見出すこともできるでしょう。

自社の売上や業績、利益率などの情報からは、自社の現状を把握すると同時に、未来の予測に役立てることができます。

そして社内業務は効率的に行われているか、業務上発生している問題や従業員の貢献度などの情報から、社内で発生している問題の原因を特定し、改善させる方向に導くこともできるでしょう。

まずはどのような問題を抱えているかを知ること

データにもいろいろありますので、目的に応じたデータの分析を行うことにより、知りたいと思えるいろいろな情報を導き出すことができるはずです。

データ分析自体が目的ではなく、問題を解決するために行うことなので、抱える課題によって分析対象となるデータや方法は変わることを理解しておきましょう。

まずは、現在、自社がどのような問題を抱えているかを明確にし、そのために必要とするデータを収集することから始めてください。

データ分析を企業経営に取り入れるなら

高度情報化社会に突入して、データを収集、蓄積、分析、活用することは、企業活動において欠かすことができなくなっています。

ただやみくもにどのような情報でも収集すればよいわけではなく、どの情報を集め蓄積していけばよいのか、どのような方法で分析し活用していくのか、しっかりノウハウを習得するまではある程度時間や改善が必要です。

これからデータ分析を始めるのなら、手近な部分からデータを活用できる体制を作っていくことから取り組んでいくとよいでしょう。