会社を経営するために欠かすことができないビジョンの作り方

企業経営情報ラボ

会社経営における「ビジョン」とは、会社が思い描く近未来像のことを指します。将来の目指す姿、実現したいこと等がビジョンとして挙げることが出来るでしょう。
全社の夢や希望とも言える部分ですので、達成に向けて体制を整備するには社員が協力し、苦境や困難に遭っても乗り越える力が必要です。
そのためにも何を目指すのかが明確であること、その目標にどこまで近づけているか共有できていること、さらに目標までの道筋が見えていることが必要となり、それによって会社全体が目標に向けて一丸となって励むことが出来るでしょう。

ビジョンは継続して持ち続けることが必要
ビジョンを持ち続けている会社と、そうでない会社の何が違うかというと、会社や自分たちの未来について語ることが出来るかです。
企業の規模は関係なく、ビジョンは必要だと言えますし、仮に企業規模が拡大したとしてもブレることなく持ち続けることが必要です。

ビジョンとして何を掲げるべきか
ビジネスにおいては色々な側面がありますが、目指すものとして売上や規模、技術力、品質、接客、成長の速さ、ブランド力、デザイン性、ポジショニング、社員の働き方、職場環境、社風など様々です。
会社の業種や業態でも異なるため、会社をどの様にしていきたいかを話し合って決めることになるでしょう。

達成を形にあらわすことも必要
経営者は社員が会社の未来に対して信じることが出来るようにする必要があります。そのためにも、やりがいと満足感を会社全体で分かち合うことが出来ること、ビジョン達成で全員が報われることを示す必要もあるでしょう。
小さなことでも成功に対する祝福や、優れた業績に対する報酬などもやる気に繋がります。会社のために貢献してくれる社員に対しての敬意や気遣いは、業務に対する評価で感じ取ることが出来るでしょう。

経営者が行うべきことは?
まずはどのような段階を踏み、次のステップに繋げていくのか、いつから始めてどのような状況になれば、達成できたと判断するのかを示しておきましょう。
その後、ビジョンを計画に落とし込むことを行いますが、計画倒れにならないように社内で定期に確認や調整を行う必要もあります。
経営者はビジョンを情熱と確信を持って、繰り返し口に出して伝えていくことが必要だと言えるでしょう。
社員に対する敬意を持ちながら、リーダーシップを発揮することが社員の力を引き出すことに繋がりますので、現実的でわかりやすく達成可能なビジョンを伝えていくことが重要です。